Q情報「どの樽にも腐ったリンゴはある」

2019年3月6日(水)

Q情報「どの樽にも腐ったリンゴはある」

こんばんは。ハナムラ・ヒロユキです。

今日もQはたくさん投稿していましたが、日本語訳になっていなかったものが多かったのでよくわからず残念・・・。

そういえば、昨日のストリンガー:作戦というのは、トランにプ大統領が金正恩との会談のためにベトナムに行ったときにトランプ大統領暗殺計画があったらしく、そのことみたいです。

その計画を事前に察知したので、トランプ大統領は早めにベトナムを離れたとのことです。

詳しくは目覚めの扉 〜Great Awakening〜さんのDECLAS(機密情報開示)は、やっぱり今月?!をご覧ください。

あとですね、金正恩たちが北朝鮮から飛行機ではなく何十時間もかけて列車で来たのは、カナダの大統領がミサイルで攻撃する恐れがあったためだという情報もありました。

平和にしようとしている人たちは命を狙われるので大変です。

これは国務長官のマイク・ポンぺオの手で、通称カンザスと呼ばれているみたいです。

詳しくは、目覚めの扉 〜Great Awakening〜さんの「始まりのその日まで…カウントダウン!」をご覧ください。

カンザス・・・・。

以上が、本日の投稿でした。

ちなみにアメリカも日本もほとんどというかまったく報道されていませんが、トランプ大統領のロシア疑惑のまったくのウソでした。

だからディープステートはもうヤケクソなのですね。

こんなツイートがありました↓

それとQアノンの本がアメリカでベストセラーらしいです。

が、メディアは酷評しているそうです。自分たちには都合が悪いことが書いてあるから。

日本語版も出してほしいですね。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください↓
QAnon: An Invitation to The Great Awakening

 

Qアノンの投稿についての情報はQmapをご覧ください↓
https://qmap.pub/
https://qmap.pub/?lang=ja(日本語版)

 

2019年3月5日のインテルアラート

”経済は地球を救う”- RV/GCR情報

最近のイランは何だか危なそうな感じです。

https://ameblo.jp/spiritual-lighter/entry-12444669503.html

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスの画家として活動しています。 愛知大学卒業後、青年海外協力隊で南米ボリビアの首都ラ・パスの国家警察学校で空手に当たる。現地で絵を描く楽しさを知り、帰国後独学で技法を学ぶ。その後、創作活動をして個展を開催する傍ら、ラオス、スリランカ、エルサルバドル、フィジーに空手の指導に当たる。今までの経験を創作に活かし「明るく、楽しく、やさしい絵」をモットーに元気に活動中。