3/24 Q情報「民主党がこんなにも怒り狂ったのは、ヤツらの奴隷を解放して以来、なかったことだ」

2019年3月24日(日)

Q情報「民主党がこんなにも怒り狂ったのは、ヤツらの奴隷を解放して以来、なかったことだ」

こんばんは。ハナムラ・ヒロユキです。

本日のQの投稿です。

ミュラーの報告書が提出されたようですが、NHKは偏った報道をしていますね。

バー司法長官が報告書を部分的にしか開示しなかったら民主党は納得いかないでしょう、などとありましたけど、全部開示されたら困るのは民主党のほうなんじゃないですかね・・・。

全部開示されるのか、それとも部分的に開示していってディープステートの力を段々と弱めていくのでしょうか。

トランプ大統領やQたちのほうが、ディープステート/カバールの上を行っていますね。

明日からが楽しみです。

 

Qアノンの投稿についての情報はQmapをご覧ください↓
https://qmap.pub/
https://qmap.pub/?lang=ja(日本語版)

 

ISの最後の領土が陥落!

https://ameblo.jp/former-spiritual-light/entry-12449190896.html

 

2019年3月24日のインテルアラート

https://inteldinarchronicles.blogspot.com/2019/03/operation-disclosure-gcrrv-intel-alert_24.html

地球同盟は、Muellerの報告書を完成させたことで、Deep State / Cabalを狙っています。

ミュラーの報告書には、選挙の間にトランプに対して共謀した人々によって引き起こされた汚職が含まれています。

ディープステート / カバールが移行中に混乱を起こそうとした場合、それらは公開されて破棄されます。

その間、ブレグジットのためのカウントダウンは続きます。

ブレグジットは29日に取引の有無にかかわらず承認されます。

合意に至らなければ、地球同盟はEUとそのカバールの残党に対して行動を起こさざるを得なくなるでしょう。

3月の最終週に近づくにつれて、物事は急速に動き始めます。

RVが4月より前の任意の時点で発生するとの見込みが依然としてあります。

出典:オペレーションディスクロージャー

おすすめサイト↓
状況がわかりやすく解説してありますので、是非ご覧ください。

”経済は地球を救う”- RV/GCR情報

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

フリーランスの画家として活動しています。 愛知大学卒業後、青年海外協力隊で南米ボリビアの首都ラ・パスの国家警察学校で空手に当たる。現地で絵を描く楽しさを知り、帰国後独学で技法を学ぶ。その後、創作活動をして個展を開催する傍ら、ラオス、スリランカ、エルサルバドル、フィジーに空手の指導に当たる。今までの経験を創作に活かし「明るく、楽しく、やさしい絵」をモットーに元気に活動中。