4/3 Q情報=本日もQの投稿はありませんでした

2019年4月3日(水)

こんにちは。ハナムラ・ヒロユキです。

本日もQの投稿はありませんでした。沈黙が続いております。

4月12日から世界が一気に動いていったらいいなと思いますが。

今日もネタが乏しくてゴメンなさい。。。

Q情報

Qマップ=本日もQの投稿はありませんでした

 

Qアノンの投稿についての情報はQmapをご覧ください↓
https://qmap.pub/
https://qmap.pub/?lang=ja(日本語版)

 

おすすめ記事

今春注目したいトレンド アラブの春再来か?

former-spiritual-lightのブログ
 
『今春注目したいトレンド アラブの春再来か?』
https://ameblo.jp/former-spiritual-light/entry-12451618296.html
 フランスではロスチャイルド家の飼い犬エマニュエル・マクロンに反旗を翻した市民によるイエローベスト運動が続いておりますが、これが中近東に飛び火してきたようです…

 

2019年4月3日のインテルアラート

情報筋によると、ブレグジット問題は移行がさらに進むことができるまでに解決されなければなりません。

これがEUがブレグジットの延期と国民投票の呼びかけを急いでいる理由です。

ブレグジットはロンドン市に影響されます。

ブレグジットが成功すると、カバールは彼らの主要な金融拠点であるロンドン市の支配権を失います。

ブレグジットは英国のGESARAコンプライアンスでもあります。

EUは、ブレグジットが引き続き延期されるのであれば、隠密作戦による激しい崩壊に直面する危機に瀕しています。

その一方で、ミュラーの報告書は、イスラエルが2016年の選挙および関与した政府高官との干渉を露呈することを示唆している。

地球同盟とカバールの間の地政学的な戦いが続いているので、RVの解放は幻想的なままです。

しかし、情報筋によれば、RVのリリースはこれまでになく近いものとなっています。

出典:オペレーションディスクロージャー

おすすめサイト↓
状況がわかりやすく解説してあります。

”経済は地球を救う”- RV/GCR情報

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

フリーランスの画家として活動しています。 愛知大学卒業後、青年海外協力隊で南米ボリビアの首都ラ・パスの国家警察学校で空手に当たる。現地で絵を描く楽しさを知り、帰国後独学で技法を学ぶ。その後、創作活動をして個展を開催する傍ら、ラオス、スリランカ、エルサルバドル、フィジーに空手の指導に当たる。今までの経験を創作に活かし「明るく、楽しく、やさしい絵」をモットーに元気に活動中。