4/12 Qアノン情報-DSがターゲットになると、Qへの攻撃が強まる;Qには情報源がある(ジュリアン・アサンジ?)​

2019年4月12日(金)

本日もQの投稿は1回のみでした。

今日ウィキリークス創立者のジュリアン・アサンジがイギリスのエクアドル大使館で逮捕されました。

しばらくイギリスにいた後、アメリカに送られてから起訴されて、その後ロシア疑惑の内容を暴露証言するのかなと思いますがどうなんでしょうか。

そうなったらディープステートは大パニックですね。

いくらすごいニュースでも報道されなければ誰も知らないので、そのメディアの殆どがディープステートが操っていますからこれを変えていくのはかなり大変なことです。

インターネットがなければ今頃は新世界秩序まっしぐらだったと思うので、是非ともトランプさんとQアノンたちに頑張ってほしいです。

Q情報

Qマップ

Qアノンの投稿についての情報はQmapをご覧ください↓
https://qmap.pub/
https://qmap.pub/?lang=ja(日本語版)
ポニョさんの「Qアノン情報」まとめ

 

おすすめ記事

共和党議員ヌネスらが司法省とFBIの偏向捜査に対する本格追求を開始

 former-spiritual-lightのブログ 
『共和党議員ヌネスらが司法省とFBIの偏向捜査に対する本格追求を開始』
https://ameblo.jp/former-spiritual-light/entry-12453727298.html
 今日も大きな動きがあったのでお知らせしておきます。   共和党議員ヌネスらが司法省とFBIの偏向捜査に対する本格追求を開始 共和党下院議員デヴィン・ヌネス …

続報・ジュリアン・アサンジ英国警察による逮捕

アサンジ逮捕 ーDeep State パニック!

 

2019年4月12日のインテルアラート

 

バー司法長官がトランプをスパイしていたと述べた後のジュリアン・アサンジの逮捕のタイミングは偶然ではない。

ジュリアン・アサンジは、間もなく差別的な証拠を明らかにすることを証言するでしょう。

ディープステートは、偽のCIAの強姦容疑でジュリアン・アサンジを沈黙させ、彼に刑を宣告されるであろうスウェーデンに引き渡させようとしている。

DECLASは発生の危機に瀕しています。

一方、ブレグジットの取引は、国が3月29日の時点でEUを法的に終了したとしても、10月まで延長されています。

ブレグジットの目的は、ロンドン市を通じたEUの資金提供を中止することと、英国議会内の汚職を除去することです。

ジンバブエの債券(2008年と2009年の1兆系列)の10年の法定支払い期限は、2019年4月11日の昨日に達しました。

すべてのジンバブエ2008/2009債券は国際法に従って償還され破棄されなければなりません。

したがって、情報筋は、ジンバブエ債券の私募償還(RV)はいつでも始まる可能性があると考えています。

金融システムが持続不可能になりつつあるため、バーゼルIIIおよびIVへの準拠が推進されています。

RV / GCRは、世界経済の移行と維持に必要です。

出典:オペレーションディスクロージャー

 

おすすめサイト↓
状況がわかりやすく解説してあります。

”経済は地球を救う”- RV/GCR情報

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

フリーランスの画家として活動しています。 愛知大学卒業後、青年海外協力隊で南米ボリビアの首都ラ・パスの国家警察学校で空手に当たる。現地で絵を描く楽しさを知り、帰国後独学で技法を学ぶ。その後、創作活動をして個展を開催する傍ら、ラオス、スリランカ、エルサルバドル、フィジーに空手の指導に当たる。今までの経験を創作に活かし「明るく、楽しく、やさしい絵」をモットーに元気に活動中。