フィジー日記・その5

暑い日

2007年10月15日

今日はとても暑い日でした。風が吹いていれば少しは涼しく感じるのですが、その風も今日は無かったのでジメジメしていました。

空手道場に行って教えていても、どんどん汗が出てきて、道衣が汗でぐしょぐしょになりました。

指導は、突っ立って口ばかり動かしていると蚊に刺されるので、なるべく自分も動きながら指導しています。

 

いつも練習が終わり帰宅すると、庭や玄関付近に蛙がたくさん飛び跳ねています。

大きいのから小さいのまで様々です。

このピョン吉君たちは、一体どこから入ってくるのかわかりませんが、家の中にも侵入してきます。

この前も大きな蛙が台所にいたので、「帰れ!」と私が言うと、蛙は「かえる!」と言って出て行きました。

嘘です。

ときどき空手着を着たまま帰宅することがあるので、転んで蛙を潰して、ど根性ガエルのように、空手着に張り付けてしまわないように気をつけようと思います。

しかし、ど根性ガエルは、ひろしがピョン吉と向かい合って倒れたのにもかかわらず、なぜかTシャツのピョン吉は後ろ向きではなく正面を向いています。

不思議です。

 

今晩は涼しいですが、夜中はまた暑くなるかもしれません。では、おやすみなさい。

ジャスト・スポーツ

2007年10月16日

(写真)左側が私の記事です。

今月のフィジーのスポーツ雑誌「ジャスト・スポーツ」に、私の記事が掲載されました。

友人から「記事が載ってましたね」と言われて、そのことをはじめて知りました。

こちらは事前になんの知らせも無くて、写真を取る人と取材をする人がばらばらに来たりするので、それが何の記事になるのかまったく知りませんでした。

以前も新聞に載りましたが、それも後から知りました・・。

記事の内容は、JICAのボランティアが、フィジーに空手を教えに来た、という内容です。

全然大したことをしていないのに、雑誌の記事になって写真まで掲載されると、すごいことをしているように見えるから不思議です。

でも、載せて頂いてすごく有難いです。

この写真では、私は花の首飾りをしていますが、普段からしているわけではありません・・。

これは空手道連盟の歓迎会のときのプレゼントです。

 

今日は朝から曇りで、午後は雨が降っていました。

午後から時間があったので、一人で映画館に行き「Ratatouille(レミーのおいしいレストラン)」を観ました。

とても面白かったです。

ピクサー・スタジオが作ったCG映画は、ユーモアがあるので大好きです。

今年の夏にアメリカのコミック・コンベンションに行ったとき、ピクサーが新作予告を紹介していました。

題名はWALL・Eといいます。

日本では来年の夏に公開されるそうなので、とても楽しみにしています。

今日も良い一日でした。おやすみなさい。

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

フリーランスの画家として活動しています。 愛知大学卒業後、青年海外協力隊で南米ボリビアの首都ラ・パスの国家警察学校で空手に当たる。現地で絵を描く楽しさを知り、帰国後独学で技法を学ぶ。その後、創作活動をして個展を開催する傍ら、ラオス、スリランカ、エルサルバドル、フィジーに空手の指導に当たる。今までの経験を創作に活かし「明るく、楽しく、やさしい絵」をモットーに元気に活動中。