フィジー日記・その29

大使公邸で新年祝賀パーティー

2008年01月26日

今朝目が覚めたら、もう一つの寝室のベッドの上に、上半身裸でジーンズをはいた、コンタクトレンズを付けっぱなしの自分に気づいた。

何でこんなところに寝てるんだろう・・・?

そうだ。

昨日食事会に行って、久しぶりにべろべろに酔っ払ったんだったな・・・。

二日酔いで頭が痛く気持ちが悪い・・・。

でも昨日はとても楽しかったです。

今日の正午は、大使公邸で新年祝賀パーティーだったので行ってきました。

すし、やきとり、ステーキなど公邸料理人の美味しい料理をたっぷりいただきました。

お酒もたくさん、といきたいところでしたが、二日酔いだったのでビール一杯だけにしました。

色々な方と話ができて嬉しかったです。

ちなみに今晩も飲み会、明日も飲み会です。

飲んでばっかり・・・。

残り少ないフィジー生活を満喫しています。

サイクロンが来てます!

2008年01月28日

今朝から風がとても強くおかしいなあと思っていたら、サイクロンが来ているとのことでした。

夕方から暴風雨になり、現在夜の8時半ですが今も降り続いています。

あまりの強風に大木が折れて道路を封鎖してしまったので、私の家の前は自動車が通れません。

映画みたいな光景でした。

今も倒れています。

おまけに停電になったので、ロウソク生活をしています。

水が止まると困りますが、電気はそれほど困りません。

でも電気がないととても暇です。

今このパソコンは、バッテリーの電源で動かしています。

あと数十分で切れてしまうので、その後はボーっとするしかありません。

先程、日本にいる友達のk山くんから送ってもらった即席味噌汁をマグカップに入れて、暗闇の中で飲みました。

とても美味しかったです。ありがとうk山くん。

今、自宅近くでもう一本の木が折れて倒れた音がしましたが、停電していて外灯もついてないので周りは暗闇で何も見えません。

 

そういえば、今日日本に荷物を10キロ送りました。

予想金額よりはるかに超えて460フィジードルでしたので、一瞬気絶しそうになりました。

財布の中には、細かいお金を合わせても400ドルしかなかったので、もう一回帰ってから来ます、と郵便局のおばさんに伝えると、60フィジードルまけてくれました。

なんて優しい方でしょう!お礼を言って帰りました。

いつもトイレ掃除してるからかなあ、などと考えて嬉しくなりました。

今日も花村邸のトイレはぴかぴかです。

さあ、もうすぐバッテリーが切れます。

原始的な生活へ、カウントダウン。

ああ・・何しようかなあ・・・・。

サイクロン通過

2008年01月30日

サイクロンが通過しました。

翌朝起きて、外を散歩するとあちこちの大きな木が根こそぎ倒れていました。

これにはとてもびっくり・・・。

相当強い風だったようです。

この二日間、水道と電気が止まっています。

電気はロウソクや懐中電灯で何とかなりますが、水がないとトイレが流せないし、食器も手も顔も身体も洗えないので、とても不便で衛生的に良くないです。

街に出ると、どの店もすべてしまっていました。

やはり水と電気は、どんなに文明社会が発達しても現代社会には欠かせないものだと実感しました。

昨日は、友達もサイクロンの影響で仕事が休みだったので、ワインを買って昼から飲んでいました。

平日の昼から飲酒だなんて、何と贅沢なんでしょう。

楽しかったです。

夜は外に出てみると、外灯も消えているので真っ暗でした。

自分の手が見えないくらい暗いというのは、久しぶりの体験です。

 

今朝4時ごろ寝ていたら、土砂降りの音に気づいたので、早速バケツを両手に持って、雨どいから落ちてくる雨水を溜めていました。

電気がないので暗闇の中、蚊に刺されながら水が溜まるのを待っていました。

傍にはラッキーが座って、私の様子を眺めていました。

現在、夜の7時20分。

先程から蛍光灯は点いたり消えたり、電球は明るくなったり暗くなったりしていて、微量の電気が流れているようです。

電気が暗くなるのに比例して、心も暗くなるということを発見しました。

電気のありがたさがよくわかって、私は幸せです。

明日は水が出てくれたら嬉しいなあ・・・。

サイクロンの影響は明日も続く。

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

フリーランスの画家として活動しています。 愛知大学卒業後、青年海外協力隊で南米ボリビアの首都ラ・パスの国家警察学校で空手に当たる。現地で絵を描く楽しさを知り、帰国後独学で技法を学ぶ。その後、創作活動をして個展を開催する傍ら、ラオス、スリランカ、エルサルバドル、フィジーに空手の指導に当たる。今までの経験を創作に活かし「明るく、楽しく、やさしい絵」をモットーに元気に活動中。