朝から子どもたちの世話でバタバタの毎日

朝からマイペースな子どもたち

こんにちは。ハナムラ・ヒロユキです。

 

最近は、子どもたち(5歳と3歳)も段々と大きくなってきて、段々と育児も楽になってきたような気がする今日この頃です。

 

が、朝の保育園に送っていく前の時間帯は、やっぱりまだ大変です。

 

うちの子どもたちは起きるのが遅いので、朝はバタバタします。

 

時間までに送っていかないといけないので、結構焦ります。

 

でも、自分の車で保育園に送っていくので、幼稚園バスに間に合うようにしなければ!といった危機感はありません。

 

だから自分のペースで行けるので楽は楽です。

 

息子は出発30分ぐらい前に起きるので、特に急いで準備させます。

 

騒ぐ娘の世話でてこずっているうちに全然起きて来なかったりすると、滅茶苦茶焦ります。

 

音楽で表すとこんな感じです↓

 

でも彼は私に似たのかかなりマイペースなので、頭の中では優雅な時間が流れているようです。

 

音楽で表すとこんな感じです↓

 

二人とも急いで朝ご飯を食べさせて車に乗せようとしますが、娘は庭に来ている野良猫や雑草に興味が湧いて突然走って行ってしまうので時間がロスします。

 

急いで二人を車に押し込んで、チャイルドシートを締めて、エンジンかけてさあ出発!

 

安全運転を心掛けていますが、頭の中はこんな感じの音楽が流れています↓

 

こんな感じで朝はバタバタして体力を消耗しますが、以前は二人のウンチで汚れたオムツを換えてミルク飲ませていたらまたウンチしてオムツ交換したらもう一人もまたウンチした・・・といった感じだったので、今は天国のようです。

 

育児って修行だなぁ・・・と思います。

 

けど、かわいいからがんばれるよなと思います。

 

もちろん、まわりのみなさまの協力があってのことですが。

 

みなさま、ありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

フリーランスの画家として活動しています。 愛知大学卒業後、青年海外協力隊で南米ボリビアの首都ラ・パスの国家警察学校で空手に当たる。現地で絵を描く楽しさを知り、帰国後独学で技法を学ぶ。その後、創作活動をして個展を開催する傍ら、ラオス、スリランカ、エルサルバドル、フィジーに空手の指導に当たる。今までの経験を創作に活かし「明るく、楽しく、やさしい絵」をモットーに元気に活動中。