小鳥と子どもと平和な毎日、ああ幸せ・・・

こんにちは!ハナムラ・ヒロユキです。

最近まで「世界を見つめる」コーナーでメディアが伝えない今の世界の動きを載せていましたが、毎日こどもたちが眠ってから夜中にせっせと更新しているうちに体調崩して今は中断中。

というか、Qの投稿も間隔があくようになったので、他のブロガーの人たちもスローダウン気味ということもありましたが・・・。

でも、世界は刻一刻と闇の人たちが排除されて行っているようで、今後の人類は必ず素晴らしい未来に進みつつあります。

が、油断は禁物の状態ですけどね。

令和の時代から、世界はガラッと平和になるとのことです。

色々書きたいけど、これについてはまた今度。

 

スズメの巣箱で今シーズン2回目の孵化

今年も巣箱を自宅外壁に掛けて、小鳥の営巣を心から楽しんでいます。

昨年は巣箱2号でシジュウカラが営巣して卵を孵化させましたが、暑さ?か育児下手?(あんたに言われたくない?)で日に日にヒナが死んで、最後の一羽は多分スズメに突かれて死んでいました。

関連記事:巣箱に営巣したシジュウカラの悲しい結末

そんな悲劇があったので、今年はシジュウカラ夫妻は私の巣箱を選びませんでした。

不良物件だったようです。

それで、今年は私のスズメ営巣理論(大したことない)で制作した巣箱にスズメが見事営巣して、3羽巣立っていきました。

現在は2回目の孵化が始まり、今日観察したら4羽孵化していました。

1回目のスズメ夫婦と同一鳥物?かは見分けがつかないので不明。

卵は全部で6個あったので、あと2羽孵化してくれるといいな。

明日からが楽しみです!

 

リトルワールドで見た懐かしいもの

そういえば先日、リトルワールドに家族で行ってきました。

そこで古民家があってその中で昔懐かしのブラウン管テレビがありました。

これを子どもたちに見せたら一体何だと答えるのだろう?と興味津々で聞いてみました。

すると、

 

「電子レンジ!」

 

といいました・・・。

時代は変わったんだだな・・・と寂しさを感じましたが、よく考えたら我が家にテレビはないのでまあ妥当な答えだったかなとも思いました。

このテレビを見て思い出したのが、テレビデオ

学生の時、友人がテレビデオを持っていたのですが、ビデオが壊れて中に入っていたエッチなビデオテープが出て来なくなって困ってしまいました。

修理に出したくても出せないので、

「花村、お前の親は電気工事屋だから、お前これ直せるだろ?」

と言うので、無理と答えました。

今まで生きてきてよくそういわれたのですが、私は電気工事屋の息子なだけで工事や修理ができるわけではないのだ。

小さいときは電気工事士になると思っていたけど、やってみたら電気のことなどまったく理解できなかったので空手に逃げたともいえますが。

話が脱線しましたが、昔懐かしのテレビについてでした。

そういえば、昔はよくテレビの映りが悪くなったらみんなテレビをバンバン叩いていましたけど、最近はそんな人みかけませんね。

まあ、どうでもいいですけど。

 

お母さんの似顔絵

娘は4歳で、彼女は絵を描くのが好きなようです。

最近は、女の子やお母さんの似顔絵をよく描きます。

いつもはこんな感じのお母さんの似顔絵です。

が、お母さんに激しく怒られた日がありました。

娘はグッと泣くのをこらえ、なぜか私のアトリエの机に座って何かを描いていました。

すると、こんなのを描いていました。

怒ったお母さん・・・・。

表現力豊かな娘に育ってほしいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

フリーランスの画家として活動しています。 愛知大学卒業後、青年海外協力隊で南米ボリビアの首都ラ・パスの国家警察学校で空手に当たる。現地で絵を描く楽しさを知り、帰国後独学で技法を学ぶ。その後、創作活動をして個展を開催する傍ら、ラオス、スリランカ、エルサルバドル、フィジーに空手の指導に当たる。今までの経験を創作に活かし「明るく、楽しく、やさしい絵」をモットーに元気に活動中。