桜の季節の 切ないラブストーリー

桜の時期

桜の満開の時期に きっと会える

犬のジェームスとエミリーは、とても幸せなカップルでした。

しかし、数年前にエミリーは病気でこの世を去りました。

悲しみに暮れるジェームスを桜の天使が見つけました。

桜の天使はいいました。

「毎年、桜が満開の一晩だけあの世にいるエミリーに、この桜の木の下で会うのを許してあげましょう」

夜はあっという間に過ぎ、日が昇るころになるとエミリーの姿は少しずつ消えていくのでした。

来年の桜の時期も待ち遠しいです。

愛する人に、いますぐ自分の思いを伝えよう。

別れはいつ来るのか、わからないのだから。

ジェームス

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

フリーランスの画家として活動しています。 愛知大学卒業後、青年海外協力隊で南米ボリビアの首都ラ・パスの国家警察学校で空手に当たる。現地で絵を描く楽しさを知り、帰国後独学で技法を学ぶ。その後、創作活動をして個展を開催する傍ら、ラオス、スリランカ、エルサルバドル、フィジーに空手の指導に当たる。今までの経験を創作に活かし「明るく、楽しく、やさしい絵」をモットーに元気に活動中。